きりんのシンプルライフ

毎日を穏やかに丁寧に暮らしたい。

MENU

酸素系漂白剤をセリアの容器に詰め替える

スポンサーリンク

我が家では必需品となりつつある酸素系漂白剤。食器の漂白や洗濯槽の掃除など、家の色々なところで活躍しています。

 

我が家で使っている酸素系漂白剤はこちら。 

 酸素系漂白剤

 *シャボン玉 酸素系漂白剤

最近まで袋のまま使用していましたが、使いづらさに耐えられなくなり、詰替容器を購入することにしました。

 

 

愛用している酸素系漂白剤 これを選ぶ理由

この機会に酸素系漂白剤について調べてみました。

酸素系漂白剤の成分は過炭酸ナトリウム100%で、どのメーカーの酸素系漂白剤も成分は同じだそう。

そんななか、我が家ではシャボン玉酸素系漂白剤を使用しています。

 f:id:kirinnokurashi:20170223152931j:plain 

これを選んでいるのは「使用頻度に対して量がちょうどよく、値段も高すぎない」から。

こちらは750g入っています。

月に1回、洗濯槽の掃除をするとして、使用する量はだいたい1/2袋、400g〜500g(目分量)、そのほかに掃除や漂白に毎回スプーン1〜2杯使用するとして、だいたい1ヶ月〜1ヶ月半くらいで使い切ります。

 

これが我が家ではちょうど良い。

量が多いと、容器を持ち上げるのがしんどくなるし、容器と別でストックする必要が出てくる。

量が少ないと、購入頻度が高くなる。

なので今のところ、こちらの商品で落ち着いています。

 

購入した容器はセリアの容器

しばらく袋のまま使っていたのですが、「粉が飛ばないように」意識しながら、使うのが面倒でした。あと上のジップを締めるのも下手で。。

そこで詰替容器をセリアで購入することにしました。購入した容器はこちら。

 酸素系漂白剤 100均セリア

 *すでに詰め替えた後ですが、容器本体は透明です。

全部入れると重くなるため、あえて丈夫なガラス製品は選ばず、プラスチックのものを選びました。

こちらには750gの酸素系漂白剤がぴったり入ります。

 

使いやすいようにアレンジ

用途によって使用量が異なるため、こまめにチェックしたいと思い、袋の裏面の<使用方法>を切って容器に貼り付けました。

 f:id:kirinnokurashi:20170223153309j:plain

 f:id:kirinnokurashi:20170223153339j:plain

作るのはちょっと面倒でしたが、いちいち調べる手間が省けるので、とても便利になりました。

 

洗濯洗剤や柔軟剤同様、洗濯機の足元に置いているので上部にテプラでシールを貼っています。

 酸素系漂白剤 100均セリア

 ▶︎過去のブログ:洗濯洗剤・柔軟剤の移し替え 

これをしたことで私だけでなく、夫にとっても便利になったようで、とても良かったです^^

 

ちなみに、酸素系漂白剤は密閉すると爆発の危険があるそうです。

本体の袋にも小さな穴が空いていました。

 f:id:kirinnokurashi:20170223153726j:plain

  *エアー抜き 穴

我が家はこまめに使っているので心配ないと思いますが、容器を強く閉めないようにしています。酸素系漂白剤を詰替容器に入れて使っている方はご注意くださいね。

 

詰替容器は慎重に選びたい

今は無印良品、100均一など、さまざまな詰替容器が売られていて、いつでも気軽に購入することができます。

けど気軽に購入できるからこそ、「モノが増えないように」「買った後に後悔しないように」、本当に必要なのか自分に問いながら判断するようにしています。 

今回も使い始めてから、数ヶ月経ってようやく詰替容器の購入を決めました。

 

たかが100円の商品ですが、「やっぱり使いづらいな」と思って後悔するのは嫌なので選ぶときは慎重になりたいと思っています。

今回もいろいろ悩んで選びましたが、ようやくぴったりの容器が見つけられて、とても気に入っています^^