きりんのシンプルライフ

毎日を穏やかに丁寧に暮らしたい。

MENU

ポーチを手作りする 裁縫は頭の中を整理する時間

スポンサーリンク

最近、裁縫熱がぐんぐん上がっています。

先日、また一つ作品を作りました。

 手作りポーチ

 

低予算、ストックは持ちたくない

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが・・・使った生地は、先日ご紹介した使わなくなったシーツです。

www.kirinnokurashi.com

 

新しく何かを作る度に生地や糸などを購入すると、お金が掛かります。

また、材料のストックも増えてしまいやすいので、「裁縫が楽しい」といっても、そこは意識するようにしています。

今回は出来るだけ低予算で、かつストックを持たずに作りたかったので、お気に入りの生地を再利用して作ることにしました。

 

小物入れに便利なポーチ

以前使っていた小物入れのポーチが、ボロボロになって穴が空きそうだったので、代用品として作りました。サイズは以前のポーチを参考にしつつ寸法を少し変えて、横20cm×縦14cm、マチ幅6cmとしました。

 f:id:kirinnokurashi:20161129175003j:plain

 *上は全てチャックにして、大きく開くようにしています。

 

裏地も生地を再利用しました

ポーチの中も、シーツの裏地を再利用しました。

作り方は、ネットで「裏地付きポーチ」を検索しながら作りました。

 裏地付きポーチ

ポイントは、中からマチ部分の縫い目が見えないようにしたところ。

すこし難しかったですが、最初に型紙を起こしてから作ったので、工程や完成形をイメージしやすかったです。

 

途中でアレンジできるのも、手作りの楽しいポイント

ちなみに、ポケット付きです。

途中で思いついて、付けました^^

自分で手作りすると作りながら途中でアレンジすることができるので楽しいです。

 ポーチのポケット

 

私にとって裁縫は頭の中を整理する時間

裁縫するときは一気に作るのではなく、基本的に夜の家事が終わった後、少しずつ進めることが多いです。

 

寸法の検討や型紙を作るときは集中しますが、縫い物をしている時間は、私にとって「頭の中を整理する時間」でもあります。

 

手縫いやミシンをしているときに「そういえばこれをしないといけなかったな」とか、「あの人に連絡しよう」とか、「ブログにこんなこと書こうかな」とか、ふと思ったりするのです。

また逆に「色々と考えて悩んでいたけど、とりあえずコレとコレからやってみたら、いけそうかも」と解決策が見えたりすることも。

 

なので裁縫をするときは近くにメモを置いておき、思ったことを書き出しながら進めています。

 

裁縫に集中していないといえば集中していないのですが、作品が完成するころには頭の中も整理されるので、完成した達成感と共に、気持ちもスッキリすることが多く、私にとっては大切な時間の一つです。

 

にほんブログ村テーマ シンプルで豊かな暮らしへ
シンプルで豊かな暮らし